トップ » 勘定科目体系表 

勘定科目体系表 

勘定科目名 内  容  説  明
役員給与 取締役、監査役に対する給与。
給与手当 (正)社員に対する給与。
雑 給 パート、アルバイトに対する給与。
法定福利費 会社負担の社会保険料(雇用保険料、労災保険料、健康保険料、厚生年金保険料)。
福利厚生費 会社負担の役員及び従業員の医務衛生・保健慰安等に要した費用のこと。(送別会、忘年会、歓送迎会等特別な行事で全社員が参加する場合における費用、その他従業員の残業食代、全社員参加の社員旅行代、通勤費、従業員の健康増進にかかる諸費用)。
広告宣伝費 不特定多数の者に対する宣伝的効果を意図して支出する費用(カレンダー、折込広告、看板、SEO対策費用、PPC広告費、ホームぺー作成費用)。
荷 造 材 料 費 商品等の出荷のために荷造梱包をする諸材料に要した費用(段ボール小箱、プチプチ、クッション材等)。
リ ー ス 料 機械、車両、事務機器等の賃料(コピー機、車両等)。
飲 食 費   *A 1人あたり概ね3,000円~5,000円(税抜)の飲食費(但し、社内の人同士の飲食代は除きます)。
会 議 費   *A 1人あたり概ね3,000円以下(税抜)の打ち合わせ等に要する費用。
接待交際費 *A 社内外の人との飲食代、土産代、選別代、慶弔費等。(社内の人同士の居酒屋での飲食は接待交際費です)。
水 道 光 熱 費 水道代、電気代、ガス代。
車 両 関 連 費 車の維持関連費用。ガソリン代、車検費用、車の修理代、車の保険料。
事務用消耗品費 文房具費用。ノート、消しゴム、ボールペン、のり、ホッチキス針等。
備品消耗品費 PCソフト代金、プリンター、10万円未満のパソコン、事務所用品等。 (10万円未満の器具備品全般です。)
地 代 家 賃 契約に基づき支払う事務所家賃、駐車場代、倉庫代。
支払保険料 会社負担の保険料。火災保険料、損害保険料、手形郵送保険等。
修 繕 費 有形固定資産の修理、維持管理のために要した費用(大規模な修繕費用は除く)。
租 税 公 課 税金や公に課せられる費用(収入印紙代、事業税、登録免許税、固定資産税、自動車税等)。
旅費交通費 電車、バス等の交通費。出張の際に要した宿泊費。一時駐車料金、高速料金、。タクシー代。電車等の回数券。
通 信 費 電話料金、切手代、メール便、ゆうパック、インターネット料金、インターネットバンキング使用料等。
支 払 報 酬 弁護士費用、税理士費用、司法書士費用等。
支払手数料 銀行の振込手数料、業務の委託手数料等、ネットモールの出店手数料等。
諸 会 費 同業者団体、商工会議所、納税協会等の諸会費。クレジットカード会社の年会費等。
図書教育費 業務の為、情報収集に要した、書籍代、雑誌代、雑誌購読料、新聞購読料、研修、セミナー代。
受 取 利 息 預金、貯金、貸付金または有価証券から生ずる利子。
支 払 利 息 借入金等に対する利息の支払。受取手形に対する割引料。
雑 費 販売費及び一般管理費の中で、少額でどの勘定科目にも属さない費用。


 

*A 「接待交際費」「会議費」「飲食費」の区分について

1人あたり飲食代金 社内の人との飲食 社外の人との飲食
3,000円以下 会議費 会議費
3,000円~5,000円 接待交際費 飲食費
5,000円以上 接待交際費 接待交際費

*「接待交際費」「飲食費」は必ず、相手先等を記載した「接待交際費台帳」を作成下さい。




このページの先頭へ