トップ » <05>小技 Tips集 » 単一伝票を複合伝票に変換する方法

単一伝票を複合伝票に変換する方法 【弥生会計の使い方を徹底解説!】

弥生会計を導入してみませんか?無料ダウンロードはこちらから!


単一伝票とは、1行の伝票のことです。借方、貸方、それぞれ科目が1つあるだけの伝票です。複合伝票とは、借方、貸方に複数の科目を入れることができる仕訳伝票のことです。 例えば、売掛金入金の際に、振込手数料が差し引かれた時や、買掛金の支払い時に振込手数料を差し引く際には、通常は単一伝票ではなく、複合伝票を使用します。
弥生会計では、当初、単一伝票で入力した伝票を、複合伝票に変換することができます。その方法は以下のとおりになります。

振替伝票にしたい行で右クリックします。その後、「振替伝票に変換」をクリックします。




このページの先頭へ

crema design menu